暮らしとお金

ふるさと納税 損してない?

あなたはふるさと納税についてきちんと理解できていますか?

「応援したい自治体に寄付をすることで税金が控除できるお得な制度」
という認識が普及してますよね。

でも実はかなりの人このが控除をうまく適用できていないんです。

きちんと勉強し直して、お得に制度を活用しましょう

この記事を読むとこんなことがわかります。

・ふるさと納税の概要

・あなたがふるさと納税をしたほうがいい理由

・実際の控除適用率はこれだけ!?

・ふるさと納税の税金控除方法

・本当にできた?税金控除確認方法

ふるさと納税について、よくご存じの方は前半部分は飛ばしてください。

スポンサーリンク



ふるさと納税の概要

ふるさと納税は、地方自治体の税収を確保するために2008年から開始された制度です。

簡単に言うと、

自治体に寄付すると、自己負担額2,000円を除いた全額が税金の控除対象になって、更にお礼の品がもらえるお得な制度です。

2015年の制度改正で、

控除上限額が約2倍に拡充されたこと
・ワンストップ特例制度(後ほど解説)によって手続きが簡素化されたこと

以上の変更があったことで、利用者が急増しました。

あなたがふるさと納税をしたほうがいい理由

ふるさと納税のメリットは以下の通りです。

・好きな(応援したい)自治体に寄付できる

・寄付した自治体からお礼の品がもらえる(これ目当てが多いかも!)

・使い道を指定できる(教育・医療・町おこしなど)

実質自己負担2000円、残りの税金は所得税と住民税から還付・控除される

これだけのメリットがあるので、所得税と住民税の支払いがない人以外は、ふるさと納税はやったほうが得です。

おすすめの返礼品は以下の記事でお選びください。

ふるさと納税2021 リピート必至返礼品2021年、ふるさと納税について実際に購入したリピート必至返礼品と購入を狙っている返礼品をまとめました。 あなたのお気に入りは入っているでしょうか?...

控除上限額、控除のための手続きなどがあるものの、ふるさと納税は大変お得な制度です。

参考までに控除上限額の計算について以下に示します。

控除上限額

たとえば
年収400万円の単身サラリーマンの控除上限額は約43000円です。

ふるさとチョイスかんたんシュミレーションより
控除上限額かんたんシミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (furusato-tax.jp)

実際の控除適用率はこれだけ!?

そんなお得なふるさと納税ですが、実際の控除適用率は約7.2%だけなんです!

令和2年度における控除対象額は約3391億円、控除適用者数は約406万人。

個人住民税(所得割)の納税義務者数は約5600万人ですから、

406万人/5600万人×100=約7.2%になります。

総務省 ふるさと納税に関する現況調査結果(令和2年度実施)より引用
report20200804.pdf (soumu.go.jp)

総務省 市町村税関係資料(平成28年度)より引用
000405155.pdf (soumu.go.jp)

興味がなくてふるさと納税を活用しない人だけではなく、活用したのに申請ができなかったせいで控除されていない人もいます。

私自身がそうでした。

税金控除 申請方法

ふるさと納税の税金控除申請方法は大きく分けて2つです。

・確定申告で申請

・ワンストップ特例制度を利用

・確定申告で申請

通常の事業所得と同じように確定申告をする方法です。

・寄付金受領証明書

・源泉徴収票

・還付金受け取り用口座番号

・マイナンバーカード(ない場合は通知カード+本人確認書類)

を使って確定申告を行います。

ちなみに私は寄付金受領証明書をなくしたことと、確定申告がめんどくさくなり申告を行わなかったため控除されませんでした。

以下参考ページです。

・ワンストップ特例制度を利用

以下のような条件の場合、ワンストップ特例制度を活用できます。

確定申告に比べ、手順が簡単なのでおすすめです。

ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者の場合

・納税先が5自治体以下である場合(回数は何度でもOK)

以下参考ページです。

本当にできた?税金控除の確認方法

上記の手続きをとっても税金控除が完了したかはわかりません。

税金控除は納税翌年の6月に送付される住民税通知書の

市民税⑤税額控除額,県民税⑤税額控除額の数値
寄付金額から2000円を引いた額くらいになっていればきちんと控除ができています。

住民税の通知書類が届いた際は、該当箇所を必ず確認するようにしてください。

スポンサーリンク



まとめ

いかがだったでしょうか?

私自身手続きに失敗したことや、実際の控除割合が低かった(全体の約7.2%)ことから本記事を執筆しました。

正しい手順で税金控除申請を行い、ふるさと納税を活用しましょう。

私のブログ仲間のヒナキラさんが、控除についての記事を書いてくれているので紹介します。

ヒナキラさんの節税記事はこちら

https://kaikei.main.jp/how-to-save-tax-on-office-workers/#outline_1__4_2

PVアクセスランキング にほんブログ村