暮らしとお金

6月の給与と生活費を公開 使い道を考えさせられる結果に

こんにちは、さんこーです。

人の家の給与や生活費が知りたくなるのはなんでなんでしょうね?
私はほかの人のブログをみるといつもこういった記事は見てしまいます。

人の家庭を見て、自分の家庭の消費を考えるという部分では、参考になっていると考えています。

今回は、さんこーカップルの6月度の給与&生活費を公開します。

といっても同棲中で、完全に生計を共にしているわけではないので、
お互いの給与+共用費+さんこーの個人消費の3点から書いていきます。

スポンサーリンク



6月度の給与&生活費

お互いの給与

以下が6月度にいただいた給与です。
さんこー27歳、恋人26歳です。
表でみていただいてもわかる通り、さんこーカップルの給与額はほぼ一緒でした。

さんこー給与(額面) 37万円
恋人給与(額面) 35万円
合計(額面) 72万円

額面とはいえ、さんこーは6月が昇給月だったこと、残業時間が長かったことから普段よりもらうことができました。

恋人は出来高ですが毎月このくらい稼いできてくれます。

共用費用

以下が6月度の共用費用でした。細かい数字まではカウントしていないので結構ざっくりしています。

家賃 37500円
食費(共用) 40000円
交際費 20000円
光熱費 13000円
生活用品費 10000円
合計 120500円
合計(個人負担) 60250円

家賃はさんこーの会社の社宅制度を利用しているため、かなり抑えられています。
光熱費はガスが賃貸物件指定のプロパンガスのため、少し高めです。

来月はもう少し細かい記録をつけられればと思います。

生活費を5万円下げる方法は以下の記事をお読みください。

生活費を月5万円下げる方法! 浪費家計から優良家計にFP3級の資格をもつ筆者が、実際に生活費5万円下げた方法を解説。 浪費家計から優良家計を目指しましょう。...

さんこーの個人消費

共用費(個人負担分) 60250円
従業員持株会(給与天引) 10000円
住宅財形(給与天引) 10000円
確定拠出年金(給与天引) 6666円
投資信託購入費 100000円
交通費(全額会社負担) 0円
昼食代 10000円
税金・保険料等(給与天引) 80000円
NHK 24000円
趣味 10000円
通信費 1500円
貯蓄 57584円
合計 370000円

消費についても同様に細かい記録まではつけていないのでざっくりとした記載になっています。

投資や貯蓄の比率が高めですかね。

スポンサーリンク



まとめ

いかがだったでしょうか?

コロナ渦であまり使い道がないのもあるんですが、投資・貯蓄にかなり偏っている印象ですね。
もっと自分の趣味にお金を使うのもいいかもしれません。

また、恋人の個人消費にはあまり関与しないように気をつけていますが、特に大きく散財しているわけではなさそうなので安心しています。

コロナ渦が落ち着けば、交際費や趣味の金額が上がってくると思いますが、
家計のことだけを考えたらこのまま自粛していたほうがよいのかといった感じでしょうか。

投資や貯蓄だけでなく、消費や浪費もバランスよくやればモチベーションを保つのに効果です。
やはり早くコロナは収束していただかないとですね。

皆さんも大まかでもいいので、収入と支出のバランスを振り返って一緒に豊かな生活を目指しましょうね。

PVアクセスランキング にほんブログ村