暮らしとお金

光熱費の見直し かんたん比較で固定費削減

月々の光熱費は、季節ごとに増減はあるけど、できることならもっと減らしたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

「固定費は削減したいけど、めんどくさい手続きはイヤ!」

光熱費の見直しは、そんなあなたに特におすすめの固定費削減方法です。

結論から言うと、光熱費の見直しは電力自由化、ガス自由化を正しく理解した人が得をします。

正しい知識を得て、かんたんに固定費を削減しましょう!

この記事はこんな人におすすめ

・固定費は削減したいけど、めんどくさい手続きはイヤな人

・光熱費の見直しについて、手間のわりに効果が少ないと思っている人

・電力自由化、ガス自由化について知りたい人

スポンサーリンク



光熱費の見直し

光熱費は、一般に電気代やガス代、生活費必要な熱供給に対する費用のことをいいます。

これに水道を加えた水道光熱費が家計におけるインフラに関わる費用になります。

光熱費の見直しはめんどくさいと感じる方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

簡単な手続き一つでお手軽に固定費を削減できる方法なんです!

しかも削減金額も馬鹿にできません。

家族が多いほど削減効果は大きく、ガス代だけで月に約5000円、年間で60,000円近く削減した事例もあるようです。

電力自由化、ガス自由化について

電力自由化、ガス自由化についてご存知でしょうか?

聞いたことはあるけどよくわからない、そもそも聞いたことがないという方のために説明します。

これまで各地域の電力会社、ガス会社が独占的に販売していた電気やガスについて企業の参入が自由化され、消費者が自分で電力会社やガス会社を選べるようになった制度です。

簡単にいうと、電気やガスを比較してより安い会社から選んでもよくなったんですね。

手続きがめんどくさいからと何も考えずに既存の電気・ガス会社を使用していませんか?

電力会社、ガス会社の見直し

「そうは言っても、電力会社やガス会社の見直しなんてめんどくさい」

そんな人も安心してください!

今は自分でネットで調べて比較しなくても、メールや電話一つでかんたん比較して電気やガスの契約を変更できます。

専門のスタッフが、電力やガスを切り替え完了までサポートしてくれるサービスもあります。

電力会社選びはこちらから まずはプロに無料相談!

 ガス会社選びはこちらから プロが無料提案、キャッシュバック最大3万円!

戸建てでプロパンガスの方必見!ガス会社変更は一切無料!

オール電化について

オール電化は調理や空調、電気、給湯などをすべて電気でまかなっている住宅のことをいいます。

オール電化のメリット

オール電化住宅のメリットは以下の3つです。

・基本料金が一本化できるため、費用の削減になる

・ガスを使用しないため、火災や一酸化炭素中毒の心配がない

・電気代の安くなる夜間にお湯や暖房を安く使える

オール電化のデメリット

メリットの多いオール電化ですが、当然デメリットもあります。

オール電化のデメリットは以下の3つです。

・昼間の電気代が高くなる

・初期費用が高額になる

・IHクッキングヒーターに合わせた調理器具が必要

メリットデメリットを理解した上で、オール電化を導入しましょう。

都市ガスVSプロパンガス

一般的に都市ガスのほうがプロパンガスよりも利用料金が安いです。

プロパンガスは都市ガスの約2倍程度高いといわれていますが、これは都市ガスの料金システムに由来しています。

都市ガスの料金システムは

原価+設備投資額+利益=販売価格

ですので、大手都市ガス会社は一人当たりの設備投資額が低くなり価格も安くなります。

逆に利用者の少ない地方の都市ガス会社は、販売価格が高くなる傾向があります。

自分のお住いの地域の販売価格を確認して、ガスの種類を選ぶのがよいでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

いかがだったでしょうか?

光熱費の見直しには十分な検討が必要です。

しかし、今はかんたん比較で光熱費の比較と変更まで可能です。

ぜひ、めんどくさがらずに光熱費の見直しをしてみましょう。

電力会社選びはこちらから まずはプロに無料相談!

 ガス会社選びはこちらから プロが無料提案、キャッシュバック最大3万円!

戸建てでプロパンガスの方必見!ガス会社変更は一切無料!

更に固定費を削減したい方は、こちらの記事をご一読ください。

生活費を月5万円下げる方法! 浪費家計から優良家計にFP3級の資格をもつ筆者が、実際に生活費5万円下げた方法を解説。 浪費家計から優良家計を目指しましょう。...
PVアクセスランキング にほんブログ村